2014-12-17

SAMSUNGさんでレクチャーさせていただきました。

先日、SAMSUNGさんからレクチャーのオファーをいただきまして、
六本木の「サムスン電子ジャパン」にてレクチャーをさせていただきました。

内容としては、今の小住宅のありかたの事例を紹介しながら、家電製品との関わり方まで話を広げてお話させていただきました。

対称は、日本の社内デザイナーの方々と本国韓国のデザイナーの方々が来日していたため、その方々を含めた数十名の方々で同時通訳をしながらの講演でした。(半分以上は韓国の方々)

僕はAIRHOUSEの考え方をお話しながら、今までの案件について色々ご紹介させていただきました。
そうやって色々考えていると、やっぱり家電と建築は絶対に切っても切れないものであり、ともに生活を豊かにするものなんだとあらためて感じました。
いつもエアコンをどうやって隠そうかとか、冷蔵庫や洗濯機の置く場所についてとても深く考えたりしていますが、作り手の方々の意見をお聞きするとまた違った切り口で、自分としてはちょっと次のレベルの考え方が見えたような、そんな機会となりました。

それにしても、韓国の方々の熱意はすごい!
話の途中であっても気になることがあれば質問をしてくださる姿勢みたいなものは、我々日本人は見習わないといけないと思わされる部分でした。

建築と家電製品、歩み寄りみたいな部分があればきっともっともっと豊かになります。
ですが、ただ中庸なだけではいけない気もします。
せっかくの機会ですので、両者の未来についてちょっと深く考えてみたいと思わされたレクチャーでした。

IMG_4251