2016-04-16

no title

熊本の大地震。多くの方々が家を失う状況を目のあたりにして、心が痛みます。

家を考える時に、自然災害を含めた様々事象から「命を守るもの」としての役割も持たせたいと日々考えていますが、本当に忘れてはならぬことだと再認識しました。

やはり建築は機能がまずありきのデザインであるべきだと思いますね。

いまAIRHOUSEでは、木造住宅であっても構造家と呼ばれる方々と共同して、大地震が起こっても壊れないことを前提に、住み手の方々それぞれの住宅を設計しています。やはり、安全性って大事だと思うんです。

想定外のことが起こる時代。
確かな機能を持たせないといけないですね。

とにかく今は、これ以上被害が広がらないよう祈るばかりです。