dima
  • Botanical Sign

    JP
    美容院の路上看板の計画。店舗はビルの3Fに立地しお客様が看板を目印にして階段で上がってこられる状況だった。路面に与えられたスペース50cm×50cmで伝統あるサロンのイメージを壊すことなく、新しい試みも求められた。 ここでは植物を看板の下部に取り入れることをにした。季節やトレンドに合わせて自由に入れ替えできるようにすることで、 花が入れ替わればお客様との話の種になり、水をあげるスタッフは店への愛着につながり、道行く人々はそれぞれに何かを感じ、結果的に当該サロンに対する愛着に繋がってくれることを期待した。看板に植物を挿入するという単純な行為が、結果としてコミュニケーションを生む装置となったのではと考えている。
    Photo / Makoto Matsubara
    Make / Riton
    GREEN / Living Design