• Tôt le Matin Boulangerie

    JP
    愛知県名東区一社における「トレマタンブーランジェリー」というパン屋さんの計画。 フランス語で「Matin」は朝を意味し、「Tôt le Matin」は早朝を意味する。MatinのMをモチーフとしながら、小麦の穂であったり、日の出の山の稜線であったり、フランスパンのクープであったりと、外壁の斜めの格子のシルエットが色々な要素を連想させながら、店と人々を繋いでいくような思いを込め外観デザインに落とし込み、この店のアイコンとした。シンプルでクールな空間でありつつ、日本の社寺仏閣の精神性を感じられるような空間だと嬉しいというご希望があったので、内部のレイアウトは売り場から厨房の入り口がシンメトリーに向かいあう構成とし、厨房をシンボリックに神格化させるような強調をして、あたかも伊勢神宮の御正宮で神様と向き合うような緊張感を生むようなものとした。そんな中、工事項目を最小限に抑えるため、作るものも最小限に抑え、具体的には厨房と売り場を間仕切る壁、パンのディスプレイテーブル、内外の間仕切壁と入り口扉のみ製作し、壁は既存仕上げを剥がしてコンクリートをあらわしとし、天井は売り場の既存天井材を一部分だけ剥がして下地の軽量鉄骨を残した意匠として高さ方向の抜け感を演出した。やわらかなペンダント照明や植栽は、そんなクールなインテリアを中和する存在として配置しており、主役であるパンが入ることで空間のバランスがとれる。 少ない手数でありながらも、しっかりとしたお店のオリジナリティを生むことを意識しつつ、一日の始まりである朝に美味しいパンを提供したいというオーナーさんの思いを実現できるような、始まりのきっかけとなる器を目指した。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Contractor / Kikuhara
  • NICORU + RAFUE

    JP
    愛知県一宮市における美容院と飲食店が併設した戸建店舗の計画。ひとつの建物にご兄弟の2つの店舗を求められた。美容院と飲食店、用途的に空間を共有するのは匂いの問題もあり難しい。だが、お互いを全く隔絶するのではなく、ここでは箱をランダムに配置してそれぞれのカラーを持たせ、薄い大屋根をかけてひとつの建物とし、その間に格子で間仕切りをした。そうすることで、互いの気配を感じながら広がりを得ることができ、それぞれの格子はそれぞれの意味を持ちそれぞれのキャラクターを獲得することができた。具体的には、美容院は植物や自然光に囲まれた温室のような開放感を得るための格子で、周りを囲む緑や光を店内に取り込む。飲食店は和の要素を感じられるものとしての格子でありつつ、目隠しやゾーニングの役割も果たすものとした。同一意匠でありながらも異なる用途を持たせ、各々の豊かさを得ながら店としての相乗効果を得ることを考えた計画である。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
    Contractor / Sawazaki kensetsu
  • healing salon FOREST

    JP
    岐阜県多治見市で計画したヒーリングサロンの住居件店舗のリノベーション。既存の家を使用して住みながら「整体・リフレクソロジー・カウンセリング」の3つの施術部屋を設けることと、「空が見える空間」を設ける、という大きく2つのご要望があった。ここでは既存建物に沿うように吹き抜けのホール空間を増築することにした。そうすることで、2階建てだった既存住宅に対して縦のつながりを生む空間が生まれ、元々あった住宅の居室を施術部屋に変換することが可能となった。吹き抜けのホールは大きな待合空間であると同時に移動空間になり、さらにはイベントスペースとすることも可能になっている。空が見えるこの空間は施術室に向かう際に大きな期待感を生むものとなり、施術後には天窓の下でくつろげるような場所となった。また店名の「FOREST」にもあるように、ホールには1本の木を植えて店の象徴とすると同時に、建物の周りにはこれから幼い木を植えていき、いずれ建物の周りを木々が囲み「森」のように成長していくような構成としている。ほんの少しの増築を施すことで、空を囲み緑に囲まれるような豊かなサロン空間を得る事ができた計画になったのではないかと考えている。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Contractor / Mito Kensetsu
  • MachiMachi

    JP
    元クリーニング店だった白トタンの建物。愛知県名古屋市千種区の猫洞通(ねこがほらどおり)で計画したレディースのセレクトショップのリノベーションの計画。(住宅部分は猫洞通のリノベーション)小さな構造材で支えていた既存の構造は、年月の経過でたわみや歪みを起こしていた。そこで、一度スケルトンな状態に戻して構造計算を行い、梁や金物を足しながら補強を施し歪みを修正した。その際に使用した金物はオリジナルの鉄で製作することで経年変化した構造材となじむものとし、壁も既存の風合いを残しながらあえて荒々しく仕上げ、人の手でつくった暖かい雰囲気や年月の積み重ねを感じる質感とした。そんな質感が店の方向性を決定付ける大きな要素となり、「補強」をデザインに昇華させることによって安心感を感じながら元々そこにあったかのような、街並みをやさしく更新するような店舗を目指した。住宅部分はRenovation in Nekogahora
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Contractor / Mito Kensetsu
  • Bread Table

    JP
    岐阜県岐阜市のパン屋さんのインテリア改装計画。ここでは厨房と売り場を等価と考え、それぞれの間に大きなテーブルのような台を挿入することとした。このテーブルは、パンを飾るディスプレイにもなれば、レジスペースにもなり、パンをスライスしたりこねたりする作業スペースになったり、店主は店の状況を常に把握しながら、パンの生産量に応じて様々な展開が可能となる。結果的にこのテーブルはパンの工房に伺うようなオープンな状態を生み、買い手とつくり手の間にコミュニケーションを生み出すものとなり、パンを焼いてから売るまでの過程をダイナミックに演出できる豊かな買い物空間となったのではないかと考える。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Contractor / Free
  • Funky Buddy

    JP
    岐阜県大垣市の子供服店のインテリアの改装計画。クライアントは子供らしさと同時に相反するような無機質なインテリアを要望さた。コンクリートの床やバーカウンターがあったり、白とグレーで統一したカラーリングであったり、空間を形成する素材は無機質であってもカタチは子供らしさを認識できるような「星型」の什器によるディスプレイを提案し質感とカタチの対比をつくりだした。通常点在している什器は集まると星形になり、季節やイベントに応じて様々なシーンをつくり出す事ができる。この多様性が店の様々な表情や動線を決定づける結果となり、豊かな買い物空間を生み出すことが可能となった計画となった。
    EN
    photo / Toshiyuki Yano
    Contractor / Free
  • Cafe & Bar Miroku

    JP
    岐阜県大垣市のカフェ&バルの改装計画で地元の建築関係者と共同で設計した計画。商店街に面するこの店舗のオーナーからは、イベント時や祭りの時などにもっと街につながりを持てるような店舗にしたいと要望をいた。既存の壁をとりはらい、前面の歩道との境界をなくしたようなどこまでもつながっていくようなお店となった。そうすることで、店の賑わいが街に活気をもたらし商店街再生のきっかけとなってくれることを望んでいる。
    LOGO / Through
  • Hair Chou Chou

    JP
    岐阜県本巣郡北方町で改装した美容院の計画。約10坪のスペースにカットスペース3箇所、シャンプー台を2箇所の要望をいただいた。ここでは平面的に斜めに間仕切り、中にシャンプーブースを、その周りにカットスペースを配置した。こうすることで直線的に間仕切るよりも有効にスペースを確保することができた。また薄く開口部の多い壁はお客様のプライバシーを守りながら、スタッフのオペレーションの際には見通しの効くものとしている。小さな空間であっても壁の立て方や開口部を工夫することで、少ない操作でローコストで豊かな空間が生まれる計画となったと考えている。
    Contractor / Nakamura Koumuten