• 瀬戸の家 House in Seto

    JP
    愛知県瀬戸市における住宅の計画。敷地は高台で南に森、西と北には眺望を得られる立地であった。 暮らしの中心となるLDKをまず2階レベルに配置し高さを確保して、3方向の景色に正対するよう大きな開口を設けた。そしてそれらに跳ね出しのバルコニーを備えた構成とし、LDKからはそれぞれの眺望を獲得することができるとともに外部との連続性を生み、それぞれの景色を内部でも外部でも楽しむことができる空間となった。 1階も2階と同様の方向に開放して森や庭と正対させ、近い将来には木に囲まれたテラスを持った空間となる予定だ。 構造は間取りの4隅に柱のようなボックスを配置して、あたかも4本の柱に傘をかけたような構成としている。そこに1枚の薄いスラブ(床)を挿入することで階層を生み、そのスラブがLDKでありバルコニーとなる。スラブを薄くすることで1階と2階の距離を近くして、中央の階段室を通して2階との繋がりが生まれることも意図している。 3つの眺望に恵まれる土地において、それぞれの眺望を最大限に獲得できる家となった。
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
    Contractor / Kikuhara
  • 豊橋の家 House in Toyohashi

    JP
    愛知県豊橋市における住宅の計画。南と西はコンビニやその駐車場、北は住宅が隣接した東接道の敷地である。ここでは、どのようにプライバシーを確保しながら明るく開放的な住空間を確保できるかを考えた。まず南面を閉じながら屋根を大きく下げ、東面と西面に大きな家型のハイサイドライトの開口をとった。部屋は建物の四隅のボリュームの中に入れて各々をブリッジでつなぎ、それらの隙間を吹き抜け空間とすることで光が全ての空間に行き渡るようにした。さらに南面には坪庭を設けて外部を家の中に取り込んでいる。こうすることで、コンビニの隣であってもカーテンを閉める必要もないほどプライバシーを確保することができ、望んだ空間を確保することができた。結果として、南面を大きく開くことだけが正解ではなく、屋根の形状や開口部のあり方、間取りを緻密に考えていくことにより豊かな住空間を生む計画となった。
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Workshop
    Contractor / Tateya
  • 高尾の家 House in Takao

    JP
    旗竿状で周囲を建物に囲まれている敷地での住宅の計画。施主からは自然を感じることができ広く開放的な空間を求められた。ここで考えたのは、まず2層分の吹抜けのワンルーム空間をつくり、外部→屋根のある外部→外部のような内部→完全な内部という順番で場所を配置して、中央のLDKに向かって外部から内部をグラデーション的に配置すること。そこから個室を点在させた板貼りのボリュームの中におさめて各々をブリッジでつなぎ、プライバシーを確保しつつもどこにいても家族と自然を感じられるようにした。そのブリッジはロフトのような廊下のような存在となり移動する楽しさを得られるものとしている。そして大きな特徴のひとつとして、南北に高さ5mの大きなスライドドアを配置した。全開すると、あたかも2層分の壁が無くなったように外とつながり、風が一気に部屋中を通り抜ける。この状況はもはや家全体が屋根のある外のような状態となり、開放的でありながらも閉じたような安心感を得ながら自然を感じられる豊かさを実現させるものとなっている。 部屋の配置と境界を区切る建具のありかたを考えて、家族との距離感と自然との向き合い方を考えた住宅である。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
    Contractor / Eishin Kensetsu
  • 江松の家 House in Ematsu

    JP
    愛知県名古屋市中川区で計画した木造の戸建て住宅の計画。クライアントは夫婦と娘3人の5人家族。大きな要望のひとつに、「将来の家族の変化に応じて間仕切りを変えられるようにしたい。」というものがあった。そこで、柱のない2層のワンルーム空間を用意して、どこでも床を貼ったり剥がすことができたり、間仕切りを設けたり撤去したりできるように、グリッド状の梁だけで構成した空間を設計して、将来の間取りの変更を行いやすくした。(天井まで達している壁もパーテーションのようなつくりで柱は入っていない。) スタート時の現時点では、お子さんも幼くむしろ間仕切りは必要ないという状態であったため、カーテンのみで間仕切る空間としている。(梁にカーテンレールを埋め込んでいるが、いづれ他の場所にカーテンレールを埋め込むことも許容できる梁の断面で設計している。) 結果として現時点では、柔らかな光が家中に満ち、どこにいても家族の気配を感じられるようなワンルーム空間となったが、これはあくまでも第一形態で、これから家族の成長と共に、どのようにこの家が成長していくか楽しみである。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
    Contractor / Kikuhara
  • 森町の家 House in Morimachi

    JP
    静岡県周智郡森町で計画したRCの住宅。耐震性を持たせた構造に、新築でありながらもラスティックな質感を与えていった計画。外部との間に設けた屋根付きのテラスがLDKに心地よい自然光と風を室内に運び、吹き抜けになったLDKを囲うように各個室を並べた。こうすることで全ての部屋が外部の自然を感じることができると同時に、家族の気配を適度な距離感で感じさせることを可能にしている。コンクリートと鉄の無機質な質感に断熱部分に貼った古材がぬくもりを与え、クライアントが揃えた照明、家具、植栽、外構によりインダストリアルかつ自然を感じられるテイストの空間が完成した。新築でありながらもリノベーションのような風合いであるが、キレイにつくることだけが新築ではなく、ラフでありながらも新しいものもあっても良いのではないかと考えていった計画である。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
    Contractor / SugiuraKenchikuten
  • 大垣の家 House in Ogaki

    JP
    岐阜県の大垣市で計画した戸建て住宅。近隣に2本の線路が走る敷地で開放的でありながらも防音を求められた計画である。ここでは最も防音したいLDKのまわりを水廻りや収納や個室の空間を並べ、その内側にLDKが納まるような間取りとした。並べた個室との隙間の部分はインナーテラスとして機能して個室やLDKの余白的空間としてそれぞれの利用の仕方を増幅させるものとしつつガラス扉を閉めたり開けたりもでき、LDKへの採光であったり開放感をもたらすものとして機能している。そして音を遮断しながらもLDKを2段階で囲むことにとり断熱性能を向上させ、快適な温熱環境を確保するものとしている。囲むということに着目して、結果的に音の問題を解決しながらも、全ての部屋に囲まれたLDK空間は家族の気配を常に感じることができ、開放的でありながらも快適な状態を保つことができる豊かな空間となった。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
    Contractor / Tokai Kensetsu
  • 岩倉の家 House in Iwakura

    JP
    愛知県岩倉市での住宅の計画。敷地の3方向を建物に囲まれ北側の接道部分は公園に面する敷地であった。今回は大きな2つの要望をいただいた。ひとつは周囲にあまり開くような構成とせず閉じながらも解放的な空間がほしい。もうひとつは家族の気配を感じながら様々な居場所をもつ間取りとしたい。というものであった。ここではプライバシーを必要とする空間を挿入した2階建てのボリュームを柱のように4隅に配置し、その隙間を大きな吹き抜けを持つ共有部分のLDKとして、さらに頂点には大きな天窓を持つ空間構成とした。こうすることで高さによる開放性と上部からの自然光による明るさと光のうつろいを感じさせる空間を確保させた。全ての部屋が吹き抜けに接することで天窓の明るさによる恩恵を受け、様々な場所から吹き抜けを挟んで家族とのコミュニケーションを容易にすることを狙いとしている。また2階部分は全てブリッジでつなげている。これは生活導線をスムーズにするものでありながら、ロフト的な空間をちりばめて多くの居場所をつくると同時に、上下のコミュニケーションを生むものとしている。様々な場所を持ちながらも使い勝手を損なうことなく、家族と自然を感じながら快適な空間を実現した計画となった。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
    Contractor / Assist
  • 大口の家 House in Ohguchi

    JP
    愛知県丹羽郡大口町で敷地の3方向が道路に面する細長い角地での計画。Webデザイナーのご主人の事務所としても使用しながら奥様と日常での距離感を保ち、天井の高い開放感なLDK空間を持った仕事場兼住まいを望まれた。敷地の東西が細いために、建物の幅を確保することが難しい。ここでは必要な分だけ斜めに平面をとり5角形の形状に。そして建物の角を丸くすることで角地に立つ建物の圧迫感を軽減するとともに、敷地に余白をつくることで多くの植栽をするスペースを確保した。そうすることで建物と道路の距離をとりながら、印象を柔らかなものとすると同時に、余白に設けた植栽が周辺環境に対して森のような役割となることを目指した。そして内部で採用した壁の曲線は、角という境界を無くし空間的な広がりを感じさせるものとして貢献している。結果的にその形状は、住宅と事務所の中間的な佇まいを持ちながら、内部空間の曲線をベースとした包まれるような質感と自然を感じられる開放的な空間を得る事を可能とし、住み手にとっても周辺環境にとっても豊かさを提供することを意図している。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
    Contractor / Kikuhara
  • 猫洞通のリノベーション Renovation in Nekogahora

    JP
    愛知県名古屋市千種区猫洞通で計画した「猫洞通のリノベーション」。2軒隣りあわせで建っていた築40年の町家を一つにつなげて住居兼店舗とした計画である。(店舗部分はMachiMachi。)毎週のように人が集まるため大きなダイニングキッチンを設けたいというご要望をいただいたため、玄関を入ってすぐの部分全てをダイニングキッチンとした。プライベートが必要な生活の場は2階に配置としたが、完全に上下階を分けずに天井を抜いて吹き抜けとし、ひとつの大きなワンルームのようなロフト的断面構成とした。また天井まであった間仕切壁も基本的には取り払い、東西の採光を両側から取り入れることで、和風の住宅でありながら明るい内部空間を得ることを目指した。骨組みの状態まで戻すことで空間的広がりを最大限確保すると同時に、構造計算をして補強を行い強度を高めそれをデザインとして昇華させた。このような古い建物のストックが多くなっていくであろう時代のなかで、生かすこと、減らすこと、補強すること、を工夫することで豊かな空間を手に入れた一例になったのではないかと考える。店舗部分は MachiMachi
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Contractor / Mito Kensetsu
  • 大野の家 House in Ohno

    JP
    岐阜県揖斐郡大野町で計画した住宅。富有柿の産地として有名なこの地域。その柿畑の一部を計画地にされたいとオファーをいただいた。建物は天井高が高く開放的な空間を希望されたため、7本の太い柱のようなBOXの上に大屋根を乗せたような構造とし、プライバシーを必要とする空間は柱の中、すき間の空間はLDK空間として大きくガラス面を確保した構成とした。開放感を得ながらも外部からは柿の木によってプライバシーは保たれ、内部は落ち着いた空間を確保している。柿の季節による変化に応じて様々な風景を生じながら、あたかも柿に守られているような豊かな住空間になったのではないかと考ている。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Structure / Ohno Japan
  • 自由が丘のリノベーション Renovation in Jiyugaoka

    JP
    築40年のRC造のマンションのリノベーションで、「服を収納する」ということから空間を構成していった住宅。クライアントは家で服を試着したり、お気に入りの服や買ったばかりの服を飾っておくのが好きだと言われた。大きなクローゼット空間が欲しいという要望であったが、せっかくの服を完全に隠蔽してしまうのではなく、PLANの中央に大きなクローゼット空間を配置した。そこは「ドレスルーム」と呼び、通路であると同時に見せる収納と隠す収納に分かれ、そのときの状況や季節に応じて常に変化する空間とした。そうすることにより、生活の中にファッションが入り込み、この空間を通るたびに気分が変わるような場所になったのではないかと考える。インテリアは既存の躯体を生かしながらモルタルと鉄で構成し、服や家具により空間が彩られるようなグレーでまとめあげた。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Contractor / Mito Kensetsu
  • 養老のリノベーション  Renovation in Yoro

    JP
    岐阜県養老郡における農具倉庫をコンバージョン(用途を変更)した住宅。クライアントの要望は、家族の気配が常に感じられる空間、料理が好きなので大きなキッチン、閉じこもらない子供部屋、写真撮影の背景になるような白い壁、というようなものであった。限られた予算の中で考えていったときに、大きな倉庫の空間はそのまま残してそこに白い箱を配置するような構成とした。そうすることで、広いLDK空間、箱の上は子供部屋、箱の中は寝室や水廻りといったように様々な場所ができると共に、すべての要望を満たすものとなりながら、残された余白があることで、将来の拡張性、更新性も生むものとなった。大きな倉庫を住宅として住むという用途を変えてあげることで豊かな住空間が生まれた計画となった。
    EN
    Photo / Toshiyuki Yano
    Contractor / Takai Kensetsu