2015-06-09

「大口町の家」 着工しました。

昨日6/8(月)のam。愛知県の大口町の家が本日無事地鎮祭を迎えました。
梅雨入り前のギリギリでお天気にも恵まれ、清い空気の中好スタートです!
曲線の効いた建物になる予定。楽しみな現場がまたひとつ始まりました!

ちなみに昨日6/8(月)は六耀で「先勝」、午前中は吉とされています。また、先勝のなかでも二十八宿という枠の中では「張」という日で、「事始め一切吉」という日取り。一方で、実はもう一日候補日がありまして6/6(日)の「大安」の日。大安の中でも十二直という枠のなかで見ていくと「あやぶ」という日で「万事に危惧を含む日。諸事ひかえ目に慎むべきという日」なのです。大安なのにと思われるかもしれませんが、こんな日もあるのです。家を建て始める日を選ぶ際にどの日を選ぶかというのは人それぞれですが、僕たちは一応ここまで調査して物事を決定したり出発したりする日を決めています。気にしすぎもいけないですが、僕はこういったことは大事にしています。

結果、午前中は良いお天気で午後から雨といった具合。何かあるようなないような。
クライアントのMさん、この度はおめでとうございます。金額調整に快く向き合ってくださりありがとうございました。工務店さんも色々とご協力ありがとうございます。これからよろしくお願いいたします。
僕もあらためて気合を入れて監理していきます!
01