2017-02-16

多様性 DIVERSITY

僕が建築を仕事にしている理由であり建築を好きな理由のひとつに「多様性」という要素があります。

人々には個々の考え方があり価値観がありますが、その枠をどんどん広げていき世界レベルになると、それはものすごい数となりますよね。

僕たちの建築のフィールドは、暮らす、仕事をする、物を売る、公共の場など、そのような用途が多いですが、そこに対する考え方も人それぞれだなあと日々感じますし、面白さを感じます。

僕が仕事をお受けする時もその考え方をお聞きしたいし、そこが個性につながる部分でもありますので大事にしたい部分です。もちろん従来からあるいわゆる普通の価値観といいますか既視感のあるようなものでも良いです。よほどの悪事でない限りは受け入れたいと思っています(笑)

ただ僕が思うことは、価値観の多様性を受け入れると同時にそこから既存の価値観の拡張ができると良いなあと思います。それは奇抜なことをやりたいということではなく、「あっ、それなかなか良いね。」「なにか新しいね。」という気付きのようなもので、共感を得られるものが良いです。

みなさんの持つ多様な価値観が、実は稀有な可能性を秘めているかも。
わくわくします。

このことを考え続けることが、きっと世の中のためになると思うのです。