2014-09-26

多治見の現場 アプローチと屋根

多治見の現場はサロンエントランスに階段がつきました。マッシブなコンクリートのかたまりです。今までは足場からの出入りだったので、格段に建物に入りやすくなりました。蹴上げ(1段の高さ)もやさしく抑えたので昇り降りが心地良いです。
R0021500

また、当日は大雨が降っていたので屋根の漏水の確認に屋根に登ってみました。いっさいの漏れなし!あの雨で漏れなければ一安心です。それにしても既存の建物との高さの取り合いに今回は知恵をしぼりました。元々の屋根の庇の下に増築部分をもぐりこませています。僕たちは高さを抑えるのを設計でがんばり、水の浸入を防ぐ技は防水屋さんの腕がキラリと光る部分です。完成したら見えなくなってしまうのですが、こういうところも抜かりなく設計しています。
R0021514